美乳は普段の生活から作る

女性

肩甲骨を動かし猫背を矯正

女性は誰しもバストアップに憧れるものですが、まずは自身の体の状態を見ていきましょう。現代社会ではパソコンやスマートホンの操作が多く、身体が前傾姿勢になり猫背となる傾向にあります。肩甲骨が固まってしまうと肩周りの柔軟性が失われ、肩凝りにもつながります。また、前傾姿勢は大胸筋が緩んだ状態です。大胸筋が緩んだ状態が長く続くと委縮してしまい、柔軟性が失われます。この大胸筋の萎縮が肩を前に引き寄せてしまい、猫背となるのです。これではバストのトップが下がってしまいます。バストアップの方法としては、まずは姿勢を正すことです。背筋が伸びて自然とバストが引き上げられます。同時に肩凝りの改善にも効果があります。バストアップには肩甲骨を緩めて柔軟性を取り戻すこと、大胸筋をほぐして鍛えることが重要です。

自宅でできるセルフケア

肩甲骨を緩める方法は、ストレッチが効果的です。テレビやインターネットでは、手を肩に添えた状態で大きく回して肩甲骨を動かす方法が紹介されています。日中デスクワークが続く場合は、仕事の合間にストレッチしてほぐしてあげると良いです。大胸筋を鍛える方法は、こちらも手軽なストレッチが紹介されています。胸の前で手を合わせた合掌のポーズでキープします。手で本などを挟むとより効果的です。肩甲骨や大胸筋のストレッチは直接バストアップを促すのではなく、バストを支える土台作りをしていると考えてください。その上で、バストマッサージを行って血流を良くすると効果的です。血流が良くなることで栄養素を取り込みやすくなり、ふっくらとした胸が育ちます。